介護士の転職率


介護士の転職フォーラム2015へようこそ。
実行委員会チーフエンジニアの山田です。
介護士は転職率が高い業種と言われています。
それは何故でしょうか?
いわゆる3Kも大きな要因ですが、一番はその待遇の悪さです。
介護は過酷な労働環境にさらされるにもかかわらず、低賃金で土日の休みも無く、サービス残業まで強いられることが珍しくありません。
例えば訪問介護であれば早朝から深夜までケアが続き、事業所に戻ると書類の作成や整理が待っています。
これにより多くの介護士が転職を余儀なくされ、またある人は介護の現場から去っていきます。
つまり介護業界は人が働くには適さない環境であり、それが悪循環となって未来の介護崩壊へとつながっているのです。

介護士の転職フォーラム2015ではそういった問題を議論し、解決策を見つけるために発足しました。
まずは現場の介護士を取材し、生の声を聴き皆さんで議論してきたいと思っています。
夏には全国大会も開かれるため、参加される方はサイト内に書かれた取材内容を吟味し、大会に臨んでください。

介護士への取材。エピソード1

4年制大学で社会福祉を学んでいる際、実習で特養にお世話になり、おそらくお年寄りと一番近く生活を共にする介護職に魅力を感じ、特養に就職しました。

特養を退職

従来型(病院のような)特養のハード面をもちつつ、改修を重ねてユニットケアを実行している施設でした。

パートに降格

医療面をもっと勉強したいと思いましたが、夜勤を含むシフト制の正職員勤務では難しく、進学のために退職しました。
しかし、介護職は続けたかったのと、色んな施設の現状を学びたいと思ったことから、前職場より家に近い他施設にパート職員として転職しました。
転職活動はハローワークの求人検索と、以前就活したときの知識を活用しました。
転職したのは、以前の就活で、第2候補だった法人の施設です。

介護士が転職すると・・・

パート職員なので、月給から時給になりました。
ボーナスはなくなりましたが、サービス残業はなくなりました。
でもたまたまですが、職員待遇のいい職場に転職できました。
規則が細かく決められており、パートでも有休があったり、時給も高めです。
以前の職場の職員待遇はあまりよくなかったので、よけいによくなった気がします。
施設の方たちは、パートにはとても気を遣ってくれるので働きやすいです。
しかし、以前の職場よりやる気のある人は少なく、職員間のコミュニケーションも活発ではありません。
また、勤務年数が長いせいか勤務態度がだらけている人が大半に見えますが、他人の批判ばかりしている人も多いです。
ただ残念なのは職員の士気が低いことです。
「介護職として」と一言で表してきた自分のやる気と誠意がばからしく感じるほど、対人援助業務に携わっていてこんなに業務的に働く人がいるのか、という感じです。
また、施設によって食後着床までの離床時間の定義が大きく違うこと、感染対策の定義と意識など、違いがたくさんありびっくりしました。

転職の総評

一つの施設では狭い世界が作られてしまっています。
今働いている職場も、どこも基本は変わらないだろうと思っていても、常識の根底が違うことも少なからずあると思います。
転職先の情報を集めるだけでは不十分で働いてみないとわからないことの方が多いと思います。
でも、長く、やりがいをもって働きたいなら、必ず見学に行き、転職候補先の話を詳細に聞き出すことは行ってください。

転職フォーラム

異業種との関わり

ページのトップへ戻る