シングルマザー介護士の転職記

私は40代のシングルマザーです。
持っている資格はヘルパー2級、介護実務者など。

退職

退職したのは訪問介護、デイサービス、居宅支援、介護タクシーを行っている小規模多機能の介護事業所。
個人経営で家族がそれぞれの部署の責任者になっている。
退職理由は、上司が経営者家族だけで、ワンマン経営のため、自分の意見などは一切言えない。
そのため悪い部分があっても一向に改善されることがなく、ダメな点はすべて職員の責任にされてしまう。
パワハラで辞める職員を数人見ており、自分としても精神衛生上良くないと感じていたため。

介護士の転職活動

ハローワーク、求人誌、新聞の折込み広告、インターネットで転職先を探した。
転職したのは母体の大きな有料老人ホーム。
基本給は変わらないが各種手当が付く分、手取りが増えた。
転職前の職場では支給されていなかった処遇改善手当も支給される。
また人数の多い職場なので希望休(子供の学校行事など)は事前に申請すれば確実に休みがもらえる。
転職前の職場では貰えなかった有給制度もしっかりしている。
福利厚生もしっかりしている。
施設の雰囲気は、職員数がとても多い職場なので、個人的に合う合わないというのはあるが、仕事上でのトラブルやいじめ、嫌がらせなどは無い。

転職の総評

小さな事業所は利用者の人数が少なく時間に追われることなく仕事が進められるのでは…と思っていたのですが、
10人の利用者を2人の職員で見るなど、大型施設のユニットと何ら変わりありませんでした。
忙しいときには休憩時間も満足にとれませんでしたが、今はそのようなことはありません。
それに経営する会社や法人が大きい方が福利厚生がしっかりしており、各種手当も充実しています。
大型施設に抵抗があり、小規模を選んだことは間違いだったと、いろいろな面で痛感しました。
"

転職フォーラム

異業種との関わり

ページのトップへ戻る