アパレル業界から介護職への転職

古田清美さん
40代女性
私は以前、派遣社員としてアパレルメーカーのカスタマーサポートで働いていましたが、職業訓練校で無料でヘルパー2級を取得しました。
通信講座で介護事務の勉強をして資格取得し、仕事を探したところ、介護事務だけの求人が少なくヘルパー資格を取得する事にしました。
年齢は40を過ぎていたので、一般企業への転職は厳しい状況でした。
長く安定した仕事をしたかったので、介護業界を志望しました。
転職理由は大小いろいろありますが、一番は高齢化社会に伴い、就職難であっても需要が見込める業界であり、地域や年齢も関係ない為です。
人の役に立つ仕事がしたかったのと、上級資格(介護福祉士など)を取得して給与アップも目指せるし、自身の成長にも繋がると考えました。

転職活動

求人は介護職専門の求人サイトやハローワークで探しました。
また職業訓練校の同期の方と、情報交換をしたり、無料の求人誌で探しました。
その結果、ユニット型の特養に未経験で転職できました。
給料は派遣社員の時よりはアップしました。
また待遇も良くなりました。
未経験だったので、先輩介護士の方が優しく、時に厳しく指導してくれましたし、他の職員との方ともコミュニケーションが図れて円満です。
ただ意外だったのは特養というと重度の利用者が多いイメージでしたが、自立している利用者も多かった事です。
また介護って思っていたよりも肉体労働ではありません。

転職の総評

新しいところに移るのは「勇気」よりも「覚悟」の方が必要だと思います。
不安の方が大きいならば、止まっている方が良いかもしれません。
人間関係で不安のある場合は、面接では、見学をさせて頂く(施設の場合)のは勿論ですが、利用者の事(介護度等)よりも、職員の事(人間関係やコミュニケーション等)を質問するといいかと思います。
スキルアップを目指すなら、資格取得に対して、バックアップしてくれるか等も質問してみるといいと思います。
見学の際、利用者さんの様子を見ると、その施設がどんな施設なのかが、大方検討もついてきます。

転職フォーラム

異業種との関わり

ページのトップへ戻る